親知らずの抜歯と神経温存療法による即日治療|恵比寿でインプラント/虫歯治療/口腔外科/審美歯科の
ご相談は、各種保険取り扱いLa Ebs clinique dental(ラ・エビス クリニ―ク デンタル)へ

  • 03-6451-2314
    月・火・水・金 15:00 - 23:00 土 10:00 - 15:00
  • 恵比寿駅東口より「恵比寿スカイウォーク」で約5分。
    〒153-0062
    東京都目黒区三田1-11-29 T2000ビル2F
ENGLISH SITE
重要なお知らせ    2018年02月01日    重要なお知らせ    駐車場利用に関するお知らせ

CASE

症 例
親知らずの抜歯と神経温存療法による即日治療

親知らずの手前の歯に、神経を抜かなくてはならない位の大きな虫歯があります。
このような場合、一般的な治療であれば、大学病院で親知らずを抜歯後、手前の歯の神経を抜く治療を行います。
月単位での通院を余儀なくされてしまう治療となります。
当院ではこういった症例の場合、親知らずを抜いた直後に『神経温存療法』である
『虫歯菌を抑止するドックスベスト+セレックワンデートリートメント』 にて、一度の通院で治療が完了します!

写真

親知らずの抜歯 / 神経温存療法
このような症例の場合、まずは親知らずの抜歯を行います。抜歯した親知らず手前の深い虫歯の場合、神経を抜く治療を一般的には行いますが、神経を抜いた歯は水分が失われ、枯れ木のようになりもろく割れやすい歯となってしまいます。できる限り神経温存療法をおこなうために『虫歯を削る』から『虫歯を無菌化』するDoc’s best トリートメント療法を行います。

写真

セレックワンデートリートメント
次に詰め物のセラミックの準備をします。口腔内を3D計測しセラミックを削りだします。これを虫歯だった歯にセットし治療が完了します。 神経温存療法ならば神経を抜かずに、わずか一度の通院で治療が完了します。

写真

ページトップへ