再生医療|恵比寿でインプラント/虫歯治療/口腔外科/審美歯科の
ご相談は、各種保険取り扱いLa Ebs clinique dental(ラ・エビス クリニ―ク デンタル)へ

  • 03-6451-2314
    月・火・水・金 15:00 - 23:00 土 10:00 - 15:00
  • 恵比寿駅東口より「恵比寿スカイウォーク」で約5分。
    〒153-0062
    東京都目黒区三田1-11-29 T2000ビル2F
ENGLISH SITE
重要なお知らせ    2018年02月01日    重要なお知らせ    駐車場利用に関するお知らせ

MENU

再生医療

インプラントの先端治療には再生医療が必要不可欠になります。
術後の痛みや腫れを最低限とし、速やかに骨や歯茎を再生することで機能的審美的なインプラント治療が可能となります。
また、顎の骨が不足している。歯茎の厚みが無い等の理由でインプラントが出来ない場合でも、
造骨治療(骨を作る治療)など細胞を再生することでインプラント治療が可能となります。
当院は造骨などの再生医療を行うことが可能な認定医療施設『細胞加工培養施設』として登録されています。

当院の再生医療

造骨治療 -CGFメンブレンとAGFを活用した骨再生療法-

インプラントを埋入する顎の骨が不足している場合に行う再生医療です。 患者さまから採取した血液に含まれる多血小板血漿から『CGF』『AFG』という成長因子をつくり、この成長因子を利用して骨を再生します。患者さまから採取した血液由来ですので、免疫拒絶反応はありません。また、感染リスクが高い添加物や人工物を一切使用しないので、副作用の心配がありません。このような成長因子を移植し骨再生を行います。骨の再生には通常3カ月~6カ月程度の時間が必要となります。

歯茎の再生

造骨治療と同様に患者さまから採取した血液から『CGF』という成長因子をつくり、これを剥離した歯茎の内部に補填することで、歯茎の再生を行います。 当院でこのCGFにさらにボリュームを持たせて破れにくく、且つ形態付与に富み弾力を増した当院オリジナル『スーパーCGF』を成長因子として歯茎に移植しております。

再生医療の流れ

1 採血・成長因子の採取

採血・成長因子の採取
手術当日に患者様から採血を行います。採取した血液はそのまま遠心分離をおこない『CGF』という成長因子をつくります。

2 手術

手術
採取した『CGF』を歯茎に移植すると、痩せてしまった歯茎が再生します。さらにこのCGFに自家骨の粉砕骨をまぜてAFGをつくり顎に移植することで、骨の再生治療が可能となります。

ページトップへ