恵比寿でインプラント/虫歯治療/口腔外科/審美歯科の
ご相談は、各種保険取り扱いLa Ebs clinique dental(ラ・エビス クリニ―ク デンタル)へ

  • 03-6451-2314
    月・火・水・金 15:00 - 23:00 土 10:00 - 15:00
  • 恵比寿駅東口より「恵比寿スカイウォーク」で約5分。
    〒153-0062
    東京都目黒区三田1-11-29 T2000ビル2F
ENGLISH SITE
短期歯周病治療

短期歯周病治療

歯周病は歯を失う最大の原因となる病気です。
軽度のものを含めると、成人の8割以上の方が感染しているといわれています。
また、歯周病はひどくなるまで自覚症状がほどんどなく
自覚症状がでた時には歯以外にも様々な悪影響を体に及ぼすことが昨今わかってきました。
大切な歯を一本でも多く残すために、早期発見、治療、予防が大切です。

当院では、歯周病予防のためのクリーニングや
歯周病が発症された方にはできるだけ短い時間で治療できるコースをご用意しております。

短期歯周病治療の流れ

1口腔内の検査

歯周病治療の第1歩は口腔内を正しく検査し状態を把握することです。当院では下記の検査を行います。

● 位相差顕微鏡による歯周病細菌検査
歯周病の原因菌

位相差顕微鏡 を使用し、口腔内の細菌の状態を観察します。
この検査により、細菌の種類や量を把握します。
口腔内には体に良い善玉菌と歯周病などの原因となる菌が存在します。
この検査では特に歯周病の原因菌の量や状態を確認するため重要な 検査となります。

● 唾液・口臭検査
測定機器"/

専用の測定機器を使い、唾液の状態や口臭など口腔内で発生するガスについて調べます。
これらの測定値はグラフにより数値化され、適切な治療を行うための大切な情報となります。
また、これらのグラフを患者様と確認することで、日常生活における注意点など生活改善にもつながります。

計測結果サンプル
  • 計測結果
  • 計測結果
● 歯周ポケット検査

歯と歯茎の隙間、歯周ポケットの状態を調べます。プローブという針状の器具を使って歯周ポケットの深さを調べるプロービング検査と、歯を支える骨の状態を調べるレントゲン検査、歯周病の原因となる歯石の付着状況を調べる検査などを行います。
歯と歯肉の隙間は、健康な歯肉では1~2mm程度ですが、歯周病の方はこの深さが3mm以上となります。また、歯周病は進行すると歯を支えるあごの骨を溶かしてしまうため、レントゲンにて骨の状態を調査します。

2歯周病治療

歯周病治療の基本は、徹底期に口腔内をクリーニングし原因菌を除去することです。
歯周病の状況によりさまざまなクリーニング方法を組み合わせて口腔環境の改善を図ります。

● エアーフローマスタによるバイオフィルムの除去

バイオフィルムとは歯周病や虫歯などの原因菌の塊のことです。このバイオフィルムをエアーフローマスターにて除去していきます。エアフローマスターを使うことで短時間でクリーニングを行うことができます。また、超音波を利用するため、痛みが少なく、効率的にクリーニングができます。

● 歯石の除去

歯についた歯石も歯周病菌の温床となります。専用の機器を利用して、丁寧に歯石を除去していきます。歯石は丁寧に歯磨きをしても必ずついてきてしまうため、定期的に除去することをお勧めします。

● 歯肉縁下歯石チェックと全顎除去

歯の深い部分に付着した歯石の除去を行います。麻酔をして行うのが一般的で歯の奥まで徹底的にクリーニングします。通常は複数回に分けて行いますが、当院では症例により1日ですべてのクリーニングを行うため短時間で歯周病治療が完了します。

次へ

3再評価

治療後、再度ご来院いただき、口腔内の環境を再確認します。
口腔内の環境が改善し、歯周病の原因菌の除去が確認できましたら治療は完了です。

  • 歯周病の状態

  • 歯周病治療後の状態

歯周病は再発しやすいため、治療後は定期的な歯の健康診断とクリーニングをお勧めします。

ページトップへ