EN

tel.03-6451-2314

open.月 - 金 12:00 - 23:00 土・日・祝 休診

根管治療|恵比寿の歯医者・インプラントはラ エビス クリニ―ク デンタル

根管治療

歯の根を無菌化し、できる限り死活歯を守る

根管治療とは虫歯が進行し神経まで到達してしまった場合に、歯の中にある神経の通る管から神経を取り除いて、きれいにする治療のことです。穴の開いた歯はそのままではすぐに虫歯となってしまうため、歯の内部を何度も掃除して無菌化して封鎖し、雑菌の侵入を防ぎます。根管治療とは神経のなくなった歯(死活歯)を守る治療です。

主な治療方法

虫歯が進行し、神経が激しく炎症を起こしている場合に、神経を取り除く根管治療を行います。通常は局所麻酔を行いラバーダムなどで幹部に唾液などが侵入しないよう準備をしてから神経を除去します。除去後は複数回通院いただき、根管内を丁寧に掃除し虫歯菌を除去して隙間なく詰め物を充填します。当院ではレーザーとマイクロスコープを使い、神経の除去と根管内の除菌を行い、虫歯の再発や炎症が発生しない様に治療をしております。
最後にセラミックなどの被せ物をして治療完了となります。充填するセメントや被せ物の種類によって、保険診療か自由診療かが変わります。

● MTAセメントの使用
根管内のクリーニング後に根幹内に充填するセメントとして、当院ではMTAセメントの利用をお勧めしております。自由診療となりますが、根幹内を殺菌する能力があり、歯にあいた穴を埋めるのに使うことが可能なセメントです。保険診療で使われる根管充填材に比べ、根幹内の封鎖性が高く、虫歯菌の侵入を防ぎ、さらに根幹治療時の除菌漏れがあった場合でも、その高い殺菌性能によって炎症を防ぐ効果があるため、非常に予後の良い根幹治療が可能となります。

治療の流れ

  • 1.検査・カウンセリング

    検査・カウンセリング

    現在の歯の状態を把握するための検査を行います。状態により、レントゲンやCTによる撮影を行い、これらの情報をもとに治療の説明、カウンセリングを行います。

  • 2.治療の実施

    治療の実施

    局所麻酔を行い神経を取り除きます。複数回通院いただき、根幹内を丁寧にクリーニング、無菌化して詰め物、被せ物を装着します。

  • 3.治療後

    治療後

    神経を失った歯は次第にもろくなります。定期的に歯の検診やクリーニングを受けていただくことを強くお勧めします。

注意事項

● 過去に神経を抜いた歯に痛みが出る場合
過去に神経を抜いた歯の歯茎などに痛みが出た場合は、歯茎内部で炎症を起こしている場合があります。このような症状が出た場合はすぐにご来院ください。状態により、再度根管治療やMTAを用いた治療をを行うことで改善することができます。

ご予約・お問合せはこちら

診療内容

保険診療から自由診療・高度歯科医療まで患者様のニーズにあった治療を取り揃えております。

ページトップへ