EN

tel.03-6451-2314

open.月 - 金 12:00 - 23:00 土・日・祝 休診

本当は怖い!?歯科金属|恵比寿の歯医者・インプラントはラ エビス クリニ―ク デンタル

BLOGラ・エビスクリニークブログ

本当は怖い!?歯科金属

2019.10.10

当院では、患者様の健康を第一に考え笑顔にする治療を行うことを経営理念として

日々皆様へ医療を提供しております。

日本の保険制度では、すべての国民が公的な医療保険制度に加入し、安心して医療を受けられる体制が整えられております。国民の安全安心な暮らしを保障していくことを意義としています。

しかし歯科医療の保険制度では、いまだに体に害があるとされている金銀パラジウム合金が使用されています。よく被せ物の治療を行う際に『銀歯を入れる』とお話しがあったことを皆様もよく覚えておいででしょうし、身近な方にも『銀歯』をいれている方はみかけたことがあるかと思います。

『銀』といっても銀ではない

銀歯、銀歯とよくいいますが、それは見た目が銀色というところをみてそういっているだけであって実際はAgをすべて使用しているわけでは決してありません。

金銀パラジウムという混ざりものの金属を使用しています。

パラジウムは保健金属の主役ですが、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出ます。ドイツでは、保健省が歯科業界に対して、「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行ないました。

世界では人間に使用禁止の金属

ドイツなどの医療先進国では、パラジウムが体に与える悪影響を考慮して、パラジウムフリー(パラジウムを含まない、パラジウム0%)の金属を使うことを強く推奨しており、外国製の日本向けの歯科金属のパンフレットでも、「この金属はパラジウムを含みません」ということをわざわざ謳っているほど、パラジウムは身体に良くないと広く認識されています。

「金銀パラジウム合金」が保険の詰め物として認められたのは、戦後の物がない時代でした。「金銀パラジウム合金」は安く手に入る金属のため、(体に良くないことは当時の研究でも分かっていながら)国の経済力に見合った金属としてやむを得ず保険適応となりました。国に経済力がついたら「金銀パラジウム合金」ではなく、「金合金」を保険の詰め物として適応しよう、と言われていたのに、いつの間にかそのことは忘れ去れて現在に至ります。

金銀パラジウムを体内に入れるリスク

「金銀パラジウム合金」に含まれる成分――
金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、インジウム、イリジウム、すずなどを含んでいます。これら重金属を含む金属は、口の中で腐食します。長い年月をかけて体内に取り込まれ、あなたの体に何らかの悪い影響を与えているのは言うまでもありません。

むし歯を治療したあとのつめ物、かぶせもの、入れ歯などには、あなたの想像以上に様々な金属が使用されています。 「歯医者さんが患者の体に悪いものを使うはずがないし、第一、国が体に悪いものを使っていいと認めるはずがない」と信じて、今まで歯科医院で治療を受けてこられたことと思います。

金属アレルギーを起こしやすい代表的な金属には、
「水銀」「コバルト」「クロム」「ニッケル」「パラジウム」、その他にも「アルミニウム」「亜鉛」「ロジウム」などが挙げられます。残念ながら、これらの金属は、保険適応の歯の詰め物やかぶせ物にたくさん使われています。むし歯治療をしたことがある人なら、たいてい口の中にこれらの金属が入っています。

電磁波過敏症になってしまう?

携帯電話の普及で、時折耳にするようになった「電磁波」という言葉。電磁波にもいろいろあって、家電製品から発するマイクロ波や送電線から発する低周波を始め、X線、紫外線、赤外線なども電磁波に含まれます。

携帯電話や高圧線の電磁波が体によくないのではないか、ということがよく話題になります。携帯電話のほかにも、私たちがよく使う家電製品のなかで、電子レンジ、電磁調理器や電気カーペットなど、電磁波の影響が心配されるものがたくさんあります。

電化製品や電気を使わずに、日常生活を送ることはできません。
しかし、ただ電磁波がそこにあるだけでなく、あなたの歯の金属がアンテナとなって、周りにある電磁波の影響をより強く受けている可能性があります。

電磁波をあびることが原因で、頭痛や吐き気を感じる諸症状は「電磁波過敏症」と呼ばれています。
―電磁波過敏症のおもな症状―米国のウィリアム・レイ博士による分類

(1) の症状…見にくい、目が痛い、目がうずくなど
(2) 皮膚の症状…乾燥する、赤くなる、できものなど
(3) の症状…鼻づまり、鼻水など
(4) の痛み…顔がほてる、むくむ、水泡、ヒリヒリする
(5) の症状…口内炎、メタリックな味がする
(6) 歯や顎…歯や顎の痛み
(7) 粘膜の症状…乾燥、異常な渇き
(8) 頭痛…単なる頭痛のみならず記憶喪失やうつ症状まで
(9) 疲労…異常な疲れ、集中力の欠如
(10) めまい…気を失いそうな感覚、吐き気
(11) 関節痛…肩こり、腕や関節の痛み
(12) 呼吸…呼吸困難、動悸
(13) しびれ…腕や足のしびれ、まひ

この2つの他にも、
歯の金属の間に電流が起こり、頭痛や肩こりの原因となることがあります。

口の中で発生する電流は専門用語で「ガルバニック電流」と呼ばれていて、体にいろいろな異常を起こすと言われています。特に口の中に種類の違う金属が入っていると、唾液によって伝導性が高まって電流が流れやすい状態になります。

電流の身体への影響とは

人の体は、電気の影響を受けながら生きています。例えば「心電図」は「心臓の電気の図」。心電図や脳波は心臓と脳の動きによって発生する微弱な電流を測定しています。また、脳は微弱な電流によって全身をコントロールしています。 臓と脳という人間にとって非常に重要な臓器の間に位置している口の中で発生する電気が、この2つの臓器をはじめ、全身に大きな影響を及ぼしています。

ガルバニック電流が発生すると、脳からの指令が混乱してしまいます。ちょうど、精密機械が妨害電波で誤作動する現象とよく似ています。その結果、体の痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状を引き起こしますが、ほとんどの方はガルバニック電流が原因と気付かないまま、自律神経失調症や更年期障害と診断され、不快な症状が続くことになります。

以上のような体に弊害を与えかねない素材を体内へいれず、メタルフリーの治療を行うことが患者様の生涯の健康へつながることと考え、当医院ではメタル治療を極力行いません。

保険診療内で被せ物をお考えの方はプラスチックの素材を使用するか(プラスチックのデメリットは別紙)、自由診療で生体親和性のすぐれたセラミックを使用する治療のどちらかでご選択いただいております。

診療内容

保険診療から自由診療・高度歯科医療まで患者様のニーズにあった治療を取り揃えております。

ページトップへ